葛城ミサト

葛城 ミサトは、『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の人物で声優は三石琴乃です。生年月日は1986年12月8日で血液型はA型。 年齢:29歳 所属はNERV戦術作戦部作戦局第一課。
身長:163cm 葛城ミサトはネルフ(NERV)戦術作戦部作戦局第一課所属で階級は一尉。第拾弐話で三佐に昇進。新劇場版では当初より二佐で、第2作『破』では一佐。役職は物語前半で「作戦部長」であったが、後半および新劇場版では「作戦課長」。シンジとアスカの保護者・直接の上司に当たる人物で、エヴァンゲリオン(EVA)の戦闘指揮官。ペットは温泉ペンギンのペンペン。愛車はアルピーヌ・ルノーA310を電動機駆動に改造したもの。

15年前、当時シンジ達と同じ14歳だったミサトは父親が隊長を務める葛城調査隊と南極まで同行した際、セカンドインパクトに遭遇。その時、南極に残っていた者の中のただ1人の生存者にして、セカンドインパクトを最も近くで目撃した人間である。その精神的外傷から一時心を閉ざし、長く失語症の時期があった。(弐十壱話「ネルフ、誕生」でセカンドインパクトから二年後の失語症の当時16歳のミサトの描写が確認済み)。また、その際に負った傷痕が彼女の胸部から腹部にかけ残っている。研究に没頭するあまり家族をないがしろにしがちであった父親が、セカンドインパクトの際に自分の命と引換えに彼女を救ったことから、使徒に対して強い憎悪・復讐心を抱いており、シンジ達EVAパイロットに苛酷な作戦を課すこともしばしばであった。NERV設立の真の理由を知らず、加持の示唆もあって次第にゲンドウやリツコに疑念を抱いていくことになる。

失語症から立ち直った後は第二東京大学に入学し、そこで赤木リツコや加持リョウジと知り合い、加持とは恋人関係になる。後に、ミサトは加持のことを死んだ父と重ね合わせていたことに気づき、ゲヒルンがネルフに移行する直前に一度別れる。この間加持はドイツのネルフ支部に行き、アスカの世話役をしていたようだ。5年後、加持の帰国と共にヨリを戻していったが、加持はセカンドインパクトの真実をミサトに託して死んでしまう。ミサトはしばらく加持の遺した最期の電話に号泣するが、後にシンジ同様立ち直り、セカンドインパクトや人類補完計画の真実を調べ始める。