ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000023-oric-ent
より転載

公開が迫った劇場版アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のテーマソングを歌手の宇多田ヒカルが担当することが、5月16日(土)より配布開始となった公式フリーぺーパー「EVA-EXTRA 02」で発表された。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の「Beautiful World」や、予告編で起用されている「Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-」に続き、テーマソングを担当する。


Utadaが本音トーク、宇多田とUtadaの狭間で揺れる心境を吐露 (09年05月15日)

 宇多田は、以前から『エヴァ』ファンを公言しており、雑誌『週刊プレイボーイ』(集英社)で宇多田が語ったインタビューを、『エヴァ』総監督である庵野秀明が読み、宇多田の『エヴァ』への洞察の深さに感銘。映画製作に伴い、テーマソングを依頼し「Beautiful World」が生まれた。主人公・碇シンジの気持ちを代弁したかのような作品との“シンクロ率”の高い歌詞に、エヴァファンも共感した前作に続いて、どのような作品がテーマソングとなるのか、期待が高まる。

 また、模型製作会社・海洋堂から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に登場する新ヒロインである真希波・マリ・イラストリアスが搭乗する「エヴァ仮設5号機」のアクションフィギュア・リボルテックの発売が決定。これまでのエヴァシリーズにはない、史上初の4本足で、右手はドリル状になっているという斬新な設定の「エヴァ仮設5号機」が、どのような形で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の中で描かれるのか、こちらも注目だ。