ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.)は、2007年9月1日に公開されました。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ第一作であり、スタジオカラー設立第一回作品。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序は1997年7月に公開された『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に』以来、約10年ぶりとなる新世紀エヴァンゲリオンの映画である。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ一作目として制作されたこの作品は、基本的にTVシリーズの第壱話から第六話までのストーリーを踏襲しているが、製作サイドは新劇場版に関して一度として「リメイク」という表現を用いてはおらず、ガイドブック等[2]では「リビルド(再構築)」と解説されている。また、『新世紀エヴァンゲリオン 』の制作母体であるGAINAXは、原作協力としてクレジットされるのみにとどまっている。 TVシリーズの原画、動画やタイムシートを素材として再利用しているものの、絵は全て新たに描き直され、そのままの絵は1枚たりとも使用していない。また全編にわたってデジタル撮影や3DCGが使用されて、映像の再構築が行われている。エヴァや使徒の形態、渚カヲルの早い段階での登場など、設定や演出の変更もみられる。また、登場人物の立ち位置や性格の描写にもわずかな変更が加えられている。 エンドクレジットの後に、旧TVシリーズ予告パートを模した、次作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の予告編が上映された。 本作品の特徴として、興行形態が自主制作映画に近い点が挙げられる。近年のアニメ製作において常態化した製作委員会方式とせず、スタジオカラーが資金を直接調達する自社製作を行った。また配給・宣伝も大手の配給会社や広告代理店に依頼せず、小規模な会社と組んだ上でこれも自社で行っている。このため、作品の知名度に比べると公開前の宣伝は小規模であり、公開館も封切り段階では84に留まった。しかし、前売り券の売れ行きなどから、公開前にメイン上映館が224席の「シネマスクウェアとうきゅう」から、日本最大級である1024席の「新宿ミラノ1」に変更された経緯がある。 公開日の9月1日は、ミラノ1をはじめとして最終上映まで満席となる映画館も多く、公開後2日間の週末興行で観客動員数23万6158人、興行収入2億8000万円を記録し、初登場1位となった。公開館数84の映画が週間興行収入成績で1位を獲得するのは異例で[6]、最終的には公開105館で観客動員150万人、興行収入20.0億円をあげ、パンフレットも25万部の売上を記録した。なお2008年4月26日から5月16日までDVD特装版の発売を記念して、都内2か所の映画館において特別上映が行われた。 あらすじ かつて地球を襲った大災害・セカンドインパクトにより、人類はその半分が死に至った。幾ばくかの年月が流れ、その大惨事より復興しつつあった人類に、突如として使徒と呼称される謎の生命体が攻撃を仕掛けてきた。 国連の下部組織である特務機関NERV(ネルフ)は、極秘に開発されていた汎用人型兵器エヴァンゲリオン(EVA)によって襲来する使徒を迎え撃つ作戦を開始する。NERV司令である碇ゲンドウは、14歳の息子「碇シンジ」にエヴァンゲリオン初号機のパイロットになることを強いる。 シンジは、父親に反発してエヴァンゲリオンに乗ることを拒んだが、もう一人のEVAパイロットである「綾波レイ」の重傷を目の当たりにしてエヴァンゲリオンに乗り込むことを決心する。